記事一覧

電子決済サービスと電子マネー

現金を使わずに電子的媒体や手段を利用して商品やサービスの対価を支払うことを一般に電子決済サービスという。広義にはオンラインバンキングによる振込や、クレジットカード番号をインターネットで送信するカード決済、キャッシュカードをそのまま利用して買い物するデビットカードなどが含まれるが、電子マネーもそのひとつだ。電子マネーとは、「デジタルデータにお金の価値(バリューを持たせた)ものをいい、コインや紙幣を使わずに、金銭的な価値を持った電子的なデータをやりとりする、新しいタイプのお金といえる。広義の電子決済サービスのように単に取引データのやりとりだけでなく、「お金」という形式にこだわるところがその特色といえる。

しかし、電子的なやりとりをするといっても、その方法によって、いくつかの種類がある。ICチップにバリューを入れてやりとりをするICカード型とインターネットの中でやりとりするネットワーク型などだ。最近増えているのが、ICカード型の電子マネーで、クレジットカードと同じようなプラスチックカードにICチップを埋めこんだものを使い、チップにバリューをチャージ(入金)することで、繰り返し利用できるのが特徴だ。非接触IC(フェリカ)を使ったタイプが主流で、読取機にかざすだけで決済や改札入場などをおこなってくれる。

かざすだけで手軽に買い物ができたり、電車に乗ったりできるから、その手軽さもあって電子マネーが普及したといえる。現在、普及している主要な電子マネーは、スイカ、パスモ、イコカ、エディ、ナナコ、フォン、iD、クイックペイ、ビザタッチ(スマートプラス)、ピタパの十種類。どれもフェリカを採用しているのが特徴で、すでに国内で一億枚以上出回っている。ちなみに、インターネット内だけで利用できる電子マネーがあり、こちらはネットワーク型電子マネーと呼ばれている。このタイプにはビットキャッシュやデジコインなどがある。