記事一覧

電子マネーの種類(前払い方式と後払い方式など)

電子マネーを運ぶ役割を担っているICカードとは、ICチップの載ったカードのことで、クレジットカードやポイントカードの磁気ストライプカードに比べて数百倍のデータを記録することができる。この「大容量のメモリー」という特色のため、磁気カードにはできなかった様々な活用を実現できるようになった。よく言われているのは、今までの磁気カードは七十二文字の情報しか記録できなかったが、ICカードなら、八千文字と新聞一面分の情報を記録できる。しかも、安全性(セキュリティ)に優れるため、不正、偽造で被害がでているカード犯罪の防止にも劇的な効果があると期待を集めている。

九〇年代から世界各地でそのICカード型の電子マネーの実験が繰り返されてきたが、我が国では、○一年に非接触IC(フェリカ)が登場してから大きくブレイクした。何といってもカードをかざすだけで決済できることと処理速度が一秒以内と速いことが人気になった理由だ。その一番手がJR東日本が発行したスイカで、改札にカードをかざすだけで、〇・二秒の速さで通過できるので評判になってたちまち発行枚数を増やした。それ以後続々と同じタイプの電子マネーが登場し現在に至っている。電子マネーを分類すると、まず交通系と買い物系に分けることができる。交通系電子マネーには、JR東日本のスイカ、首都圏私鉄のパスモ、JR西日本のイコカ、関西私鉄のピタパなどがある。

もともとは鉄道やバスの乗車券として開発され、それに買い物のできる機能を加えたものをいう。一方、ショッピングに使うことを目的に開発されたのが買い物系電子マネーで、こちらはビットワレットのエディ、セブン&アイ・ホールディングスのナナコ、イオングループのワオン、NTTドコモのiD、JCBのクイックペイなどがある。交通系電子マネーは電車、バスヘの乗降をメインとしているために、買い物系電子マネーに比べてチャージ可能な金額が少なくなっている。電子マネーはさらに精算方法から二つに分けることができる。事前に現金をチャージ(入金)しておく「プリペイド(前払い)型」と支払いは利用後という「ポストペイ(後払い)型」だ。まず、プリペイド型だが、これは、カードや携帯電話にあらかじめ金額をチャージしておくと、残金がなくなるまで支払いに利用できるもの。

最大二万円から五万円まで入金できるが、残金が少なくなったら、繰り返しチャージできるのが特色だ。実際の利用としては、二千円とか三千円を前もってチャージしておくと、読取機にかざしたその場で、精算される。スイカやエディはプリペイド型の電子マネーにあたる。もうひとつが「ポストペイ(後払い)型」で、クレジットカードと連携しており、クレジットカード同様に使った金額が後でまとめて請求される。かざした瞬間はデータのやりとりだけで、クレジットカードと同じく利用明細と請求書が後で送られてくる。また、クレジットカード会社が決めた限度額まで支払いに利用できるから残高を気にせず使えるのが特色といえる。NTTドコモのiD、JCBのクイックペイなどがこのタイプだ。

キャッシング 即日