記事一覧

電子決済サービスと電子マネー

現金を使わずに電子的媒体や手段を利用して商品やサービスの対価を支払うことを一般に電子決済サービスという。広義にはオンラインバンキングによる振込や、クレジットカード番号をインターネットで送信するカード決済、キャッシュカードをそのまま利用して買い物するデビットカードなどが含まれるが、電子マネーもそのひとつだ。電子マネーとは、「デジタルデータにお金の価値(バリューを持たせた)ものをいい、コインや紙幣を使わずに、金銭的な価値を持った電子的なデータをやりとりする、新しいタイプのお金といえる。広義の電子決済サービスのように単に取引データのやりとりだけでなく、「お金」という形式にこだわるところがその特色といえる。

しかし、電子的なやりとりをするといっても、その方法によって、いくつかの種類がある。ICチップにバリューを入れてやりとりをするICカード型とインターネットの中でやりとりするネットワーク型などだ。最近増えているのが、ICカード型の電子マネーで、クレジットカードと同じようなプラスチックカードにICチップを埋めこんだものを使い、チップにバリューをチャージ(入金)することで、繰り返し利用できるのが特徴だ。非接触IC(フェリカ)を使ったタイプが主流で、読取機にかざすだけで決済や改札入場などをおこなってくれる。

かざすだけで手軽に買い物ができたり、電車に乗ったりできるから、その手軽さもあって電子マネーが普及したといえる。現在、普及している主要な電子マネーは、スイカ、パスモ、イコカ、エディ、ナナコ、フォン、iD、クイックペイ、ビザタッチ(スマートプラス)、ピタパの十種類。どれもフェリカを採用しているのが特徴で、すでに国内で一億枚以上出回っている。ちなみに、インターネット内だけで利用できる電子マネーがあり、こちらはネットワーク型電子マネーと呼ばれている。このタイプにはビットキャッシュやデジコインなどがある。

おサイフケータイの本当の価値

おサイフケータイの登場によって、携帯電話の価値が急速に上昇しつつある。おサイフケータイとは、電子マネーを搭載した携帯電話のことだが、私はおサイフケータイにスイカ、エディ、iD、ナナコと四つの電子マネーを入れている。恥ずかしいことにこの携帯電話を三回なくして、三回ともでてきた経験がある。最初の時は、公園で落として小学生に拾ってもらった。夜になって小学生の家に携帯電話を取りにいった。お礼に五千円の現金を渡そうとしたら、小学生のお母さんは嫌な顔をして、「子供が携帯電話を拾っただけでずから、お金はもらえません。子供の教育にも悪いですから」と言った。

お母さんの対応には少々驚いた。私とすると、小学生が拾ってくれなかったら四つの電子マネーの残金を誰かに使われたかもしれないわけだから、それだけでも五千円分の価値はあると思っていた。それに新しい携帯電話を購入して新しいアプリを入れるとなるとその手間は信じられないくらいにかかる。それを思えば五千円でも安すぎるほどだ。しかし、いくら説明しても納得してもらえなかったから、その夜は引き上げ、翌日に五千円分の和菓子セットを買ってもって行った。お菓子なら、子供と食べられるというので、何とか受け取ってもらった。この出来事で思ったのは、携帯電話の価値が電子マネーが入ったことで急速に高まったということだ。

まさにサイフと同じものになりつつある。いやそれ以上の大切なツールに変貌しているのだ。ファミリーレストランで、トイレに行くときに携帯電話をテーブルの上に置きっぱなしにしている人があるが、そんな危ないことはもうできない。その他に、電子マネーがポイントやマイルと密接に結びついてお得を得る手段として考えられるようになった。クレジットカードと比べると、百円から二百円で細かくポイントやマイルがつくわけで、これまで現金払いで無駄にしていたところに網をかけてお得を取れる。その結果、人々の意識がポイントやマイルに向くようになった。さらに、より有利なポイントに換えるというポイント交換のブームも呼ぶことになった。

躍進する電子マネー②

●金銭感覚がマヒする
「金銭感覚のマヒ」という現象がみられるようになった。たとえば、東京では地下鉄は料金の安い東京メトロと少し高い都営線があるが、JRから乗り換える場合にこれまでは都営線は高いからと無理に遠回りしても東京メトロを使うようにしていた。しかし、電子マネーになってからは、ワンタッチで行けるからと、値段より近ければよいという考えで都営線にもどんどん乗るようになった(当然、都営線は収入が増えていると思うが)。電子マネーは利用する人に多少高くとも便利ならよいという感じを起こさせる。買い物でも同じ傾向がある。

一千円の商品を正札通りで売っている店と九百九十円で売っている店があった場合、現金なら迷わず、遠くにあっても九百九十円の店で買うのだが、電子マネーになると、十円くらい安いだけでは、より近くにある一千円の店で買ってしまう。安売りがそれほど魅力にならないのだ(電子マネーになると九百九十円はそれほど魅力ではない。端数がでるので面倒という人もあるくらいだ。電子マネーなら決済は早いし一千円の方が切りがよくて、すっきりしていてよいという考えだ)。電子マネーにすると、紙幣やコインに縛られなくなる傾向があり、これまでのような金銭感覚でない新しい何かが生まれつつある。子供たちがいまパスモをもって電車に乗り降りしているが、彼らは知らぬ間に、こうした新しい金銭感覚をトレーニングされているといえる。そう思うと彼らが大きくなったときに日本人の金銭感覚はいまとは比べることができないくらいに変化していることだろう。

●高齢者に希望を与える
電子マネーは老人に活力を与え、彼らを生き生きさせる効果をもっている。あるスーパーでは、電子マネーを使うと割引になるサービスを行なっている。この店では、高齢者が電子マネーをよく使うという。高齢者は非接触ICの清潔さと小銭のやり取りの煩わしさがないことを評価して電子マネーをよく使う。しかも、電子マネーカードをレジの読取機に載せて支払いをする。手が震えるので読取機の上に置くのである。さらに毎月の利用額に応じて割引が用意されていることも利用促進に役立っている。毎月決まった金額を電子マネーに入金しておけば、その金額だけ使えばよく、計画的に支出できるというのも受けている理由だ。

年金生活者に向いたツールである。消費者センターで講演すると高齢の方によく参加していただく。電子マネーをもっている人はどれくらいいますかと聞くと、嬉しそうな顔をして手をあげる。九割くらいの人がスイカかパスモをもって会場までやってきている。人気の高さは明らかだ。なぜ高齢者が電子マネーを好むかというと非接触LCが清潔という点と、「かざせば」仕事をしてくれる点だろう。さらに自分が社会の最先端の技術に触れており、新しい時代に参加しているという喜びがあるからだ。まだ現役だという自信を電子マネーがもたせてくれる。

躍進する電子マネー①

ニ○○八年はパスモ、ナナコ、ワオンといった大型電子マネーが本格的に普及し始めた年で、「電子マネー利用元年」といわれる。たしかに毎日の暮らしの中で電子マネーが利用されるシーンをよくみかけるようになった。とくに夏以降、ほとんどのコンビニで利用できるようになり、店内のレジでは電子マネーで支払う人が増えた。主なタクシー会社でも電子マネーの導入を始めているため、現金やクレジットカードに代わって電子マネーを使う人が増えている。いよいよ電子マネー時代の始まりである。

電子マネーの市場規模は年々拡大している。野村総研の『これから情報・通信市場で何か起こるのか IT市場ナビゲーター2008年版』によると、非接触ICのポストペイとプリペイドを合わせて二〇〇七年度には八千四百四十四億円の市場規模だったが、二〇○八年度には一兆三千七百八十三億円にまで膨らみ、さらに、二〇一二年度には三兆二千六百九十五億円までに拡大すると予測している。それに伴って、私たちの生活や意識も大きく変わってきた。行動面はもちろん、意識面でも根本的な変化が起こりつつある。ここからは電子マネーの普及で生じた生活面の変化をあげてみよう。

●駅の光景を変えた交通系電子マネー
まず、スイカやパスモといった交通系電子マネーについてみると、その登場によって首都圏の駅の光景が一変した。通勤客が電子マネーをもって切符を買わずに改札をスルーするようになったために、ラッシュアワーの人波が整然と前へ進み出した。乗り換えも楽になった。首都圏では○七年三月からスイカとパスモの相互利用ができるようになったため、首都圏では手持ちのスイカー枚で、JRはもちろん私鉄、地下鉄の乗り換え、さらにはバスにも乗れるようになった。その結果、いちいち乗り換えルートを考える必要もなく、また、乗り換え運賃を気にすることなく、スイカをタッチするだけで、目的地にストレートに行けるようになった。これも大きな変化だ。

●レジでの行列をなくした買い物系電子マネー
買い物系電子マネーのエディやナナコの場合も決済時間が短くなった。昼食時はコンビニのレジの前に長い列ができたものだが、電子マネーの登場で、決済時間が二秒ほどになったので、列をつくる必要がなくなった。みな電子マネーをかざすだけでさっさと支払いを終えてしまう。電子マネー専用レジもあって、そこに並ぶと超高速で支払いができるので便利。おかけでコンビニの客の回転もよくなり売上増に貢献している。また、サイフが軽くなったという人が多い(小銭入れを使わなくなったという人もいる)。サイフ革命が起きているといってよいだろう。今までなら釣り銭用にサイフの中に一円や五円を用意していたが、その必要がなくなった。このように現金払いから電子マネーに変えることで改札通過やレジでの支払い時間を大幅に短縮することができた。キャッシュレスで釣り銭の必要もないため、便利になった。小銭入れもいらなくなった。これが行動面での最大のメリットであり、変化だと思う。

電子マネーが人々の意識を変えた!

二〇〇一年十一月十八日。JR東日本は、首都圏の駅でIC乗車券スイカの発売を開始し、それと同時に、東京、千葉、埼玉、神奈川、茨城など八都県下の二十六路線四百二十四駅で、スイカの出改札を始めた。それを記念して、新宿駅南口では午前九時からスイカ導入式典が盛大に催された。JR東日本の大塚陸毅社長(当時)をはじめ、同社幹部が居並ぶなか、ICカード開発の陣頭指揮に立ってきたIT・Suica事業本部副本部長で当時は設備部旅客設備課長の椎橋章夫の姿もみえた。また、ICカードを供給するソニーからは、出井伸之会長(当時)も出席し、同社が開発したフェリカに賭けるなみなみならぬ意欲をみせた。

しかし、スイカ・プロジェクトの指揮を執り、リーダーとしてここまで引っ張ってきた椎橋の心は落ち着かなかった。すでにスイカのシステムは稼働し、山手線のどこかの改札では、いまもスイカを受け付けて情報を処理しているはずだった。しかし、「万一、どこかで、何かあったら、すぐに飛び出して行かねばならぬ」。そう考えると式典の間中、身体が固くなって緊張が解けなかった。九三年当時、改札のリニューアルに伴い、二〇〇一年のICカードの導入はほぼ決まったものの、その仕様からサービスまですべてが白紙の状態だった。

そのプランニングを当時上野駅でエレベータなど駅舎の設備を担当していた椎橋が任され、その頃から本格的な準備にかかった。しかし、畑違いの椎橋にとっては、苦労の連続だった。まず、最初にICカードの勉強から始めたが、それからは三回に亘る実証実験の実施、さらには「乗車券以外の活用の方法を見いだせ」と無理難題をぶつける経営陣の説得など数多くの障害が立ちはだかったからだ。そのハードルをひとつずつ乗り越えてのスイカのスタートであった。もちろん、その胸には喜びが溢れていたが、それを上回る不安もあった。椎橋は、前夜から田町にある関連会社のJR東日本メカトロニクスの本部にいて、遅くまで切り替え作業を行なっていた。しかし、翌日は本番である。

そのスタートが気になってしかたがないため、ホテルで仮眠をとると、すぐに朝一番の山手線に乗って自らスイカの反応を試してみたというのだ。椎橋は、夜明け前の田町駅で、スイカを使って電車に粟ると、順調に反応したスイカに満足して、本社のある新宿まで行こうとした。ところが、電車に乗っている間も気になってしかたない。彼は次の駅で途中下車すると、改札に駆け上がり、そこでもスイカを試してみた。「おっ、うまくいった」と、異常がないことを確認すると、またホームに戻って、電車に乗るということを繰り返した。まるで、わが子の出産に立ち会う若い父親の心境であった。そして、とうとう新宿駅に到着するまで各駅で乗り降りを繰り返したというのだ。

難産で生まれたスイカであったが、滑り出しは順調であった。発売わずか十九日で百万枚を突破した。それ以降、順調に増えて○八年七月には二千五百万枚を突破するところまできている。さらに、スイカのショッピンクも好評で、椎橋の描いた「駅ナカ」「街ナカ」という戦略に沿って市中の加盟店も着々と増えている。その結果、スイカは第三の柱として、JR東日本の事業のひとつに格上げされた。また、鉄道事業者のJR東日本は、スイカの導入とその成功によって生活サービス業へと大きく舵を切った。これで少子化時代を乗り切る体制を整えることもできた。ちなみに電子マネーを使ったプロジェクトの中で、大企業が業態転換に成功したのは、JR東日本が世界で初めてである。